キレイも、キャリアも、ハッピーも手に入れる! 自分らしく輝く、すべてのワーキングウーマンのために

 


(左)大森 美香さん(脚本家/演出家)/(右)広末涼子さん(女優)


講演・セッション名
【H02】<会場:ホールB(B1F)>

基調トークショー

「大人気ドラマの脚本家大森美香さんと、女優広末涼子さんが語る
 活躍する女性の描き方 強い女性の生き方」

※同じ時間帯の講演・セッションには1つしかお申し込みいただけません。
※講演時間、内容、講演者などは、都合により予告なく変更する場合があります。
※事前申込された講演・セッションでも立ち見となる場合がございます。
カテゴリー
無料
先着順
講師
 
広末涼子さん(女優)/大森美香さん(脚本家/演出家)/(聞き手 MC)猪井操子さん(元テレビ大阪アナウンサー)
===========================================
・広末涼子さん
1980年7月18日生まれ、高知県出身。94年、CMデビユー。映画、ドラマ、舞台、CMと幅広く活躍。2000年には映画『秘密』、2008年には映画『おくりびと』、2010年には映画『ゼロの焦点』で日本アカデミー賞優秀主演女優賞、2012年には映画『鍵泥棒のメソッド』で日本アカデミー賞優秀助演女優賞などを受賞。ほか、近年の出演作に、ドラマ『ナオミとカナコ』、映画『はなちゃんのみそ汁』などがある。大森美香作品には、2014年放送の『聖女』(NHK)に主演している。

・大森美香さん 脚本家/演出家
2005年「不機嫌なジーン」で第23回向田邦子賞を史上最年少で受賞。他、代表作に連続ドラマ「カバチタレ!」「ランチの女王」「きみはペット」「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」 「ブザー・ビート」、NHK朝の連続テレビ小説「風のハルカ」、映画「デトロイト・メタル・シティ」「カイジ~人生逆転ゲーム」「プール」「宇宙兄弟」など。2014年はNHKドラマ10「聖女」が話題に。2016年はNHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」の脚本を手がけ、同ドラマで日本中をくぎ付けにした。



講演・セッション内容

 ・本年前半の話題の中心となった連続テレビドラマ「あさが来た」について、広岡浅子さんという歴史上の人物像から、毎朝、視聴者を勇気づける「大森ドラマ」の人物像に仕上げるまでのプロセス。
 ・一方で、悪女を描いたドラマ10「聖女」など、人物像を作り上げるまでのプロセス。
・多くの脚本を手掛ける中で、女性を主役にするときのキャラクターの設定について。
・大森さんが、脚本家、演出家として考える「活躍する女性の条件」「強い女性の条件」。
・大森さん自身のキャリアについて。

会場
ホールB
開催日時
2016年12月3日(土)11:05~11:45
セッション番号
H02